禁煙を考えている女性の画像

女性は禁煙すべし!

男性よりも女性の方が禁煙は難しいと言われていますが、美を求めるなら禁煙した方がいいです。「タバコ顏」って聞いたことありますか?女性がタバコを吸い続けると老化が早くなると言われています。美を追求するなら禁煙にチャレンジしてみましょう。

         

女性なら禁煙するべし!

禁煙はさまざまな喫煙者に対して言われることですが、現実的な話をしますと男性よりも女性の方が禁煙をした方が良いと言うのは一つの事実になります。ではそれはどうしてかと言うと、最も重要なのは喫煙が出産・妊娠に対して与えるリスクです。喫煙習慣のある妊婦と喫煙習慣のない妊婦では流産のリスクが明らかに異なり、1日20本以上のタバコを吸っている妊婦は流産率が2倍に、早産率が1.5倍になると指摘されています。特に流産が発生する確率は一般に思われているよりも高い10%程度となっており、年齢を重ねるほど流産の発生率は高くなります。30代では15%、40代では30%となっているのですが、そのリスクが2倍になると言うのは無視出来ない要素です。また早産についても場合によっては子宮に障害が残ったり今後の妊娠時に流産のリスクが高まる、最悪の場合子宮そのものを摘出しなくてはならないなどのケースがありますので、早産率が高まることも無視出来ない要素でしょう。またこうした妊娠以外のことで言うのであれば、喫煙は体内にあるビタミンCを大量に消費すると言う問題点が挙げられます。ビタミンCは美容のビタミンと呼ばれるほど外見の美しさに関連していますから、喫煙をすることは衰えた肌、カサカサとした肌の大きな原因になり得るわけです。実際のところ喫煙習慣を持っている女性がダイエットに打ち込んだり美容サプリを積極的に摂取したりといった姿が時折見受けられるのですが、そんなことをするよりも禁煙をした方が遥かに美容に効果的なのは言うまでもないことでしょう。もちろん男性であっても禁煙をするべきであると言う事実は変わりませんが、女性は男性と比べると禁煙をするべき理由、禁煙によって得られるメリットが多いということは知っておくべきなのです。

タバコ顏になる前に禁煙

タバコを吸っていると、スモーカーズフェイスとよばれるタバコ顔になってしまうことがあります。タバコ顔というのは喫煙をすることによって老化が早まってしまって、シワや白髪であったり歯や歯茎の着色などが現れ美観が大きく損なわれてしまうというものです。タバコは様々な害があり美容にも良くないと言われていますが、タバコ顔というのはまさにそれを地で行ったようなものでありタバコを吸うと美容に悪影響が出るということをはっきり知らせてくれる症状のひとつとなっています。特に女性の場合にはこのような問題は深刻なもので、常に美容のことに気を使って美しくなろうとしている人も多いことでしょうが、タバコを吸うだけでそれらの努力が無駄になってしまうのです。タバコを吸っているのでできるだけ、美容に気を使っているという人もいることでしょうが本当に美容に気を使うのであれば、禁煙をすることが一番の近道となります。しかし、禁煙というのは簡単なものではなく美容のために辞めたいとおもっても、なかなか辞めることができないことも多いものです。そのような場合には禁煙グッズを使ったり、喫煙をすることが出来ない環境を作ったりしてみたり、あるいは禁煙外来などに通ってチャンピックスを処方してもらうというのも効果的です。タバコは非常に中毒性の高い薬物であるため、本人の気持ちだけで完全に断つということは難しいため様々な方法を用いて禁煙を進めていくのがタバコを断つためには効果的です。最初の内はなかなか上手く行かずにストレスも溜まるものですが、簡単に禁煙が成功するものではないだけに諦めずに根気よく続けていくことが禁煙を成功させる鍵であり、タバコ顔にならないために大切なこととなります。

禁煙すると老化は防げる

老化に対して抗っていくことはアンチエイジングとして近年のトレンドとなっています。そのために健康食品やサプリメントなどを使用する人も増えてきていますが、老化防止のために役立つこととして取り組んでみると良いのが禁煙です。煙草を吸うことによって老化が促進されてしまうことがわかっているためであり、普段の生活習慣として喫煙が常習化している人は真っ先に考えてみると良いものでしょう。老化がなぜ起こるのかということは理解が進んできており、身体を構成している各組織の機能が低下してしまうことが原因であると言われています。その機能低下をもたらしてしまう要因が活性酸素による影響と新陳代謝の低下であり、煙草はこの二つに大きな影響を及ぼすのです。煙草を吸うことによって体内に入ってくる有害物質を代謝するためにはエネルギーが必要になり、そのエネルギーを作り出すために活性酸素が必然的に発生してしまうことになります。また、煙草は燃やすことによって煙を発生させており、その煙の中には酸化作用のがるものも含まれているのが事実です。その影響を受けてビタミンCなどの抗酸化物質が消費されてしまうことになり、身体を活性酸素の悪影響から守りにくくなってしまうという影響があります。一方、有害物質の代謝が必要になることから、その代謝酵素を身体の中で作り出すことが必要になり、その影響を受けて本来身体が必要としている新陳代謝に必要な酵素が作られにくくなってしまうのは必然です。これによって新陳代謝の低下が促進されてしまうことになります。こういった複合的な要因によって老化を促進してしまうのが煙草であり、禁煙によって老化防止を行うことができる根拠となっているのです。