禁煙を考えている女性の画像

男性よりも女性の方が禁煙は難しいと言われていますが、美を求めるなら禁煙した方がいいです。「タバコ顏」って聞いたことありますか?女性がタバコを吸い続けると老化が早くなると言われています。美を追求するなら禁煙にチャレンジしてみましょう。

2016年10月の記事一覧

禁煙で自律神経失調症になる?シャワーでリフレッシュ

禁煙をすると、今まで整っていた自律神経が乱れてしまう可能性があります。
しかし、これは別に禁煙が悪いということではありません。
タバコを吸うと、自律神経が活発になります。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。昼間や興奮した時に活性化されるのが交感神経、夜やリラックスしている時に活性化されるのが副交感神経です。
タバコを吸うと、一時的に副交感神経が優位になって、気持ちが安定する場合があります。よくタバコを吸って便通が良くなったというのは、副交感神経が一時的に優位になるからです。
しかし、交感神経が優位になってイライラすることもあります。
禁煙によって急に自律神経のバランスが悪くなってしまうと、自律神経失調症になる場合もあります。不安、焦燥感、自殺願望、など様々な症状があらわれるのが特徴です。
現代では気持ちの状態が不安定という時には、ほとんどが自律神経失調症と診断されることが多いです。
しかし、禁煙して自律神経が一時的に狂ってしまうのは仕方ないことです。ここで気持ちを切り替えるにはシャワーを浴びるのがオススメです。
シャワーを浴びるとリラックスして、副交感神経が優位になります。現代人は自律神経失調症というよりも常に興奮の中で生きているために交感神経が優位になりすぎているのが問題視されているので、副交感神経を優位にしてあげれば良いのです。
タバコで一時的にリラックスしたとしても、それはその瞬間だけです。ニコチンが一時的にドーパミンを放出させてリラックスさせますが、それは偽りのリラックスです。
シャワーで得られるリラックスは、気持ちが穏やかになって気持ちの底からリフレッシュできている状態です。禁煙効果もあるので、吸いたくなったらシャワーを浴びてみましょう。

続きを読む